どんな料理も箸で食べる日本の雇用文化

洗い物をしていてふと思ったこと。

日本人は調理するときも食べる時も箸を使うけど、箸を使わない文化もあるよなぁ。何使って料理するんだろう。

中華といえば、中華鍋に「おたま」ですよね。
パスタを和えるなら「トング」でしょうか。
目玉焼きやステーキは「ターナー(フライ返し)」ですね。

食べる時はどうでしょう。
洋風のコース料理では、皿ごとにナイフやフォークを使い分けますよね。すなわち、道具の役割が明確に決められているといえます*1

一方、和食の場合は、最初から最後まで同じ箸を使い続けます。これは箸が便利で万能だとも言えるけども、どんな料理にも箸を使うという日本人の文化だともいえます。この文化が日本のメンバーシップ型雇用をもたらしたのではないか。知らんけど*2

コース料理のナイフやフォークのように、役割を決められるのがジョブ型。割り当てられた料理(仕事)がなくなれば御役御免で下げられてしまいます。
和食では、どんな料理が運ばれてきても、うまく箸を使いこなすことが求められます。そしてその食事の始まりから終わりまで、テーブルに残ります。終身雇用ですね。

メンバーシップ型では、与えられた仕事をこなす能力よりも、総合的な期待値として対価が支払われます。平等ではあるけど不公平でもある。
そして、やりたい仕事が出来るかどうかは、ほとんど運に任されます。置かれた場所で咲く、というやつですね。豆を掴むのが得意な人に汁物が運ばれてくることもある。

最近、馴染みのない仕事から戻ってきたので、適材適所だなぁと思いました。単に慣れの問題かもしれませんが…
次はどんな料理が運ばれてくるのやら。

*1:とは言っても、かつての西欧文化では何でもナイフで食べた、という文献を読んだことがあるが、何に書いてあったかは思い出せなかった。例え話なのでマジレスは要らないのだ!

*2:"『諸説あります』を関西弁で表しますと『知らんけど』になります"